格安航空券と通常の航空券は別物!?航空券のお勉強


最近では自分で格安航空券を購入し、宿や現地の移動手段も自分で手配をして
個人旅行を楽しむ人も増えてきました。
安い格安航空券を探し出す事ができれば、ツアーよりもかなりお得な旅行をする事も可能です。
さてこの格安航空券とはいったいどんな航空券なのでしょうか。

航空会社は個人のお客さんとは別に、旅行会社に対して
団体旅行専用の航空券を正規の値段よりも安く売っています。

そして旅行会社がその団体専用の航空券を個人宛にバラ売りしているものが
格安航空券と言われるものです。
ですから格安航空券は直接の航空会社から購入する事は出来ません。
必ず旅行代理店を通しての購入となります。

その反対に正規割引航空券(PEX)は航空会社が個人宛に販売している格安航空券ですので、
航空会社と旅行会社のどちらを通してでも購入する事ができます。

格安航空券は正規割引航空券に比べると値段が安いのが魅力ですが、
キャンセルや変更ができないという規制があります。

ですから会社の出張や予定変更の可能性がある時には格安チケットは使わないのが一般的です。
またマイレージのポイントも正規割引航空券の航空券よりも低く設定されています。
そしてフライトの予約を取る時にも、正規割引航空券の方が優先的に予約を入れられるので、
格安チケットでは予約がとりにくい場合もあります。

また夏休みやゴールデンウィークなどの旅行シーズンには、
格安航空券の値段も高くなり、正規割引航空券と殆ど変わらなくなる事もあるので、
よく値段を比較して購入する事をお勧めします。