海外旅行に必ず必要なパスポート


CX_DL196

国内旅行と海外旅行の大きな違いはパスポートが
必要か必要ではないかという点です。

国内旅行ならば思い立ったら吉日で、すぐにでも旅行へ行く事が可能ですが、
海外旅行となるとパスポート無しではどこへも行く事ができません。

このパスポートというのは政府が自国民の身分証明書として発行する公的な書類です。
もし海外で問題があった時に、身分を証明できるのがこのパスポートであります。

以前はパスポートの種類には1回のみ使用が可能な1次旅行券というのもありましたが、
今では成人は5年、10年有効のどちらかを選ぶ事になっており、
未成年は5年のみのパスポートが取得可能です。

さてパスポートの申請をする為には、住民票がある都道府県の旅券窓口に
必要書類を揃えて持っていく必要があります。
この必要書類とは以下の通りになります。

• 申請用紙
• 身分証明書(運転免許証等)戸籍謄本
• 戸籍抄本住民票の写し(住基ネットに接続されている自治体住民は不要)
• パスポート用の顔写真
• 印鑑

尚パスポートの申請は代理の者が行っても良いとされていますが、
受け取る時には必ず本人が出向く事が義務づけられています。
また未成年については保護者の同意が必要となります。

もし海外でパスポートを無くした場合には、すみやかに最寄りの日本大使館や領事館へ連絡をとり、
パスポートの再発行を行ってもらわなければなりません。
パスポートが無ければ帰国する事はできません。
この様にパスポートは非常に大切なものですので、海外旅行中の盗難や紛失に気をつけましょう。