飛行機の中で快適に過ごすアイテム


CX_GD199

さてチェックインを済ませ、出国手続きを終えればいよいよフライトですね。
近場の海外ならば2時間程度のフライトですが、ヨーロッパやアメリカ、
オーストラリアなどが行き先の方は、かなり長い間飛行機に乗っていなくてはなりません。

目的地に到着したときにフライト疲れで思う様に行動できないと困りますので、
機内ではゆっくりとリラックスできる様に自分で工夫をしましょう。

私は長時間のフライトの時には必ずU字型のエアー枕を持参します。
これは空気を入れて首に着用して使う携帯枕ですが、
私はこの枕のおかげで長いフライト中もかなり楽に過ごす事ができます。

また機内が明るくて眠る事ができない場合もありますので、
アイマスクを持参するのも良いでしょう。

その他に機内に持ち込むお勧めの持ち物としては携帯用のスリッパがあります。
フライト中では足がむくんで靴がきつくなるので、スリッパ等に履き替えると、
フライト中かなり楽に過ごす事ができます。
もちろんこのスリッパは海外のホテルの部屋でくつろぐ時には役に立ちます。

そして機内は思ったよりも冷えるので、私は必ずシワになってもよい上着を持ち込んでいます。
用意されているブランケットは薄い生地なので、寒がりの人にとっては物足りないと思います。

そして私がフライト中で気になるのが機内でのお肌の乾燥です。
今は液体やペースト状の物については機内持ち込みの制限があるので、
その制限を越えない量の、小さな試供品用の保湿剤やクリーム等を忘れない様にしています。

また気圧の関係で離陸や着陸の時に耳が痛くなる時には、
アメをなめたりすると痛みが和らぎますので、アメも数個手荷物に入れておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です