お墓の種類。永代供養墓に種類はあるの?


お墓にも種類があるように、最近人気の永代供養墓にも
実は種類があります。最近では、自然に還りたい人に人気の樹木葬も
大人気ですが、少子高齢化社会になり。お墓を継ぐことが難しい時代になりました。

そんな独り身の人やお墓を継ぐことができない人のために考えられたのが
永代供養墓です。永代供養墓は、生きているうちに永代使用料などの料金を払っておくことで。永続的に供養が約束されているものです。
永代供養墓にも種類があるので、軽くですが紹介していきます。

【塔や碑のタイプ】

一般的に永代供養墓のタイプです。塔や碑を立てておいて、
地下に納骨堂を作り、まとめて供養しているというもの。
寺院では、観音像などの仏像。また、多宝塔、五輪塔などが霊碑となります。

【納骨堂型】

お墓の形を模した納骨堂のものもあります。
納骨堂は元々、墓石ができるまでの遺骨の預かり所でもあります。
しかし、最近では遺骨を永久的に保存しておくことができるといわれています。
なので、最近新しいお墓の形として注目されつつあります。

寺院では、仏像などの宗教的シンボルではありますが。東陽の杜などの歴史を持つ霊園では
塔や霊碑などの宗教を問わないシンボル的なものになっています。